• ホーム
  • ブログ
  • 「お口が大きく開かない」要介護者の口腔ケア、ポイントとコツをご紹介

「お口が大きく開かない」要介護者の口腔ケア、ポイントとコツをご紹介

2022.11

介護の現場での口腔ケアにはトラブルがつきものです。
中でも介護者を悩ませるのが「要介護者が口を開けてくれない」「口は開くが大きく開けてくれないからケアができない」という問題です。
今回は、要介護者の口腔ケアについて紹介します。

介護の現場でなぜ口腔ケアが重要なのか?

要介護状態の方のお口の中のケアが最近、見直されてきています。
お口の中は常に37度前後に保たれ、唾液で湿っていて、食べ物の通り道にもなっているため、細菌が繁殖しやすい環境が整っています。

要介護状態の方は、そんなお口の中を自身でケアすることがなかなか難しく、細菌が棲息する結果に繋がりやすいものです。
また、お口の中も加齢とともに自浄作用が低下していくので、お口の中を清潔に保つことが難しくなります。

この状態で食べた物を誤嚥することで、高齢者にとって致命的とも言える「誤嚥性肺炎」を引き起こし、取り返しのつかないことになりかねません。
そうならないために、普段からお口の中を清潔に保つ口腔ケアがとても重要なのです。

口腔ケアで防ぎたい「誤嚥性肺炎」とは?

誤嚥性肺炎は「ごえんせいはいえん」と読み、高齢者にとって身近な健康リスクの一つです。

「誤嚥」とは本来食道に入るように動く飲み込む動作が、筋肉の衰えなどでうまくできず誤って気管に入ってしまう現象です。これによりさまざまな雑菌や食べ物の破片が肺に詰まり、結果として肺炎を引き起こしてしまいます。

この時に起こる肺炎を誤嚥性肺炎と呼び、通常の肺炎とは区別されている疾患です。

厚生労働省によると、国民全体の死因のうち誤嚥性肺炎は7番目に多いとのデータがあります。このうち多くが高齢患者であり、いかにその割合が多いかがわかります。

※参考:厚生労働省「第6表 性別にみた死因順位(第10位まで)別 死亡数・死亡率(人口10万対)・構成割合

口が大きく開かない原因は?

「要介護者が口を大きく開けてくれない」といった問題は次のことが原因と言われています。

  • 顎関節症、口腔内潰瘍、気管内挿管などが原因の「形態機能的原因」
  • 口臭が気になる、何をされるのか不安、痛みへの不安などの「心理社会的原因」
  • どうしたらよいかわからない、指示内容を理解できないなどの「認知機能的原因」

まずは要介護者本人が「開けられない」のか、「開けたくない」のかを見極める必要があります。

普段の生活で、問題なく会話ができる、食事が取れる、あくびが普通にできる等の場合は自身の意思で「開けない」状態です。
対して、日常的に生活レベルでお口を開けることが困難な場合は、自身の意思で「開けることができない」状態ですので、速やかに専門医の受診をお勧めします。

口腔ケアのポイントを解説

介護者が要介護者の口腔ケアを行うにあたって、一般的に推奨されているポイントがあります。

①信頼関係を築く

要介護者に安心感を与えるため、スキンシップをとりながら、お口の中をケアすることを伝え、安心感を与えます。要介護者が緊張で体が硬くなってしまっていることもあるので、マッサージなどのリラックス効果のあるスキンシップを行うなど、まずは介護者と要介護者との間での信頼関係を築きます。

②口腔内ケアの爽快感を最大に、苦痛を最小に抑える努力をする

お口の中はデリケートなので、苦痛を与えないよう気をつけなければなりません。
ブラッシングする際、ちょっとしたことで痛みがあったり、口腔ケアの器具の温度などで一度、不快に思ってしまうとお口を開けてもらえない場合もあります。
また、ケアをしながら「気持ちいいですね」などの声掛けも大切なアクションです。

③口腔ケアを決して無理強いしない

口腔ケアは毎日するのが基本ですが、どうしても無理な時は、決して無理強いはしません。
無理強いをすることで口腔ケアのイメージがさらに悪化し、口腔ケア自体を行えなくなってしまう恐れもあります。
口腔ケアができなくなると、様々な病気の原因に繋がることもあるので、無理やりに行う口腔ケアはNGです。

しかし、虫歯や歯周病などのお口の中のトラブルがあり口腔ケアを必須とする時は、多少強引に行わなければならないことがあります。最近は介護の口腔ケアグッズも数多くありますので、必要であればそれらのグッズを使い口腔ケアを行います。

まとめ

要介護者にとって、お口の中を他人にケアしてもらうのは、不本意なことで心地のいいことではないかもしれません。
しかし、口腔ケアを怠ることで様々な病気の原因に繋がることも、近年、分かってきています。
要介護者の方が、少しでも健康寿命を長く、いつまでも自身のお口から美味しくお食事ができるよう、口腔ケアは欠かせない行動の一つと言えます。

今回ご紹介したポイントを参考に、要介護者と信頼関係を築きながら日々の口腔ケアを実践してみてはいかがでしょうか。